20~30代男女スタッフ活躍中!未経験可!子育てママさん歓迎です 看護師・主任ケアマネ・募集です!職場見学可能!お問い合わせページから応募できます! 他社求人サイトよりも、直接ご応募の方が早くご連絡がいきます!

医療、介護、リハビリの知識

血圧測定はどの機械で測れば正確なの?【千葉の訪問看護ステーションは日本訪問医療】

千葉市の訪問看護ステーション

こんにちは!!

動画アップしてないと、事故でもあった!?と患者さんから言わてしまう看護師のSHUNです!

今日のテーマはこちら

血圧計が壊れたので新しいの買ってみた!

動画はこちら!

血圧計ついて説明していこうと思います

血圧計は大きく分けて3種類あります

水銀血圧計、アネロイド血圧計、電子血圧計です

水銀血圧計は、昔の体温計のようにメモリがあり、圧力で水銀柱が伸び縮することで、

圧力がわかり、聴診により現在の血圧がわかります。もっとも正確です。

しかしWHOから水銀計は壊れた時に有害な水銀がでてくるので

現在は使用しないようにと警告されてます

アネロイド血圧計は、「アネイド」とは、ギリシャ語で「液体を使わない」という意味で、水銀を使用しない血圧計です。 聴診法で測定してます。聴診法とは加圧により動脈を閉塞した後、空気を抜いて血液が再度流れはじめる時の血流による血管の音(コロトコフ音)で血圧を判断してます

電子血圧計はオシロメトリック法で測定してます。オシロメトリック法は加圧により動脈を閉塞した後、空気を抜いて 血液が再度流れはじめる時の血流による血管の振動をセンサーが感知します。音ではなく血管の振動で測定しているのが特徴です

どれがいいのかというと精度でいうと昔は、水銀血圧計一択でしたが

近年は技術の発達により、どれも同じ精度で測ることが出決ます。

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。